子どもと関わる仕事

婦人

学び期間の長短で選択

保育士を目指すなら、保育士資格を取得出来る学校を卒業する必要があります。高等学校卒業後、資格取得の可能な学部や学科を持つ大学または短期大学、専門学校へ入学することが一般的なルートと考えられます。保育士という職業は小さな子どもを相手にする職業になります。保育士になるためには、机上の勉強はもちろん大切ですが、現場で働くにあたっては経験が重要になります。また、体力勝負の職業であることも事実です。そのため、年齢の若いうちに現場で実践を積むことを重視する方には、比較的短期間で資格取得が可能な短期大学や専門学校などを選択することをお勧めします。保育士の資格は短期間で取得することができます。しかし、短期間で必要な知識を身につけ、また資格取得に必要な実習を行わないといけません。そこで、四年制大学では資格取得のためにじっくりと時間をかけて勉強することができます。また、保育士の資格だけでなく幼稚園教諭や児童指導員などといった関連した資格を同時に取得することが可能な学部や学科も存在します。保育園と幼稚園の機能を持つ子ども園が各地で設立され、幼保一体化や幼保一元化といった考え方は今後ますます増加すると予想されます。複数の資格を取得していれば、こういった現場で働きやすくなります。保育士の仕事は多岐にわたっておりやりがいのある職業ですが、給与の低い職種でもあります。複数の資格を持っていることで給与手当に良い加点を与えることもメリットと言えます。