パソコンとノート

自己啓発とスキルアップ

ビジネスに役立つ資格を取得する人が増加しています。自己啓発やスキルアップを目的とする場合も増えているのです。自由な時間ができた時代の背景によるものも大きく影響しています。通信講座は自由度とオンラインが利用できる面で人気です。

帽子を持つ人

教育に関する資格

幼稚園教諭になるには、大学や指定の養成施設において、所定の単位を取得し、卒業する必要があります。幼稚園教諭と並ぶ資格に保育士がありますが、両者には明確な違いが存在します。ただ、現在は両方の資格取得のための特例制度もあるので、ダブル取得を目指せばさらに就職先や活躍の場を広げることができます。

短期間で効率良く

勉強する人

実践力や合格率がアップ

医療事務の資格は、独学または通信講座を受講することでも取得できます。しかし昨今では、スクールに通学することで取得を目指す人が増えています。なぜなら通学した場合、コースにもよるのですが、比較的短期間での取得が可能となるからです。具体的には、朝から夕方まで授業を受けるというコースの場合、週に3回程度の通学で、約1ヶ月でカリキュラム修了となります。週に1回の通学でも、約3ヶ月で修了させることができるのです。また午前のみ、あるいは午後のみ授業を受けるというコースもあり、この場合も週に2回程度の通学でカリキュラムは修了となるのです。通信講座の場合、受講期間が4〜5ヶ月となることが多いため、それと比較するとスピーディと言えます。つまりそれだけ早く、医療事務として就職し、活躍できるようになるということです。また、効率の良さからも、通学による学習は注目されています。医療事務の仕事で特に重要とされているのはレセプト作成なのですが、スクールでは講師がレセプトを作成する様子を間近で見ることができます。テキストで学習するよりもコツをつかみやすい上、実習でミスをした場合にはその場で講師に正してもらえるため、実践力が身につきやすいと言えるのです。また医療事務の資格取得のためには、カリキュラム修了後に認定試験を受けて、合格することが必要となります。そしてスクールでは、その模擬試験も定期的に開催されているのです。認定試験の合格率を一層高めることが可能となるため、この点からも多くの人がスクールで学ぶことを選択しています。

婦人

子どもと関わる仕事

保育士になるためには、大学または短期大学、専門学校などで資格を取得する必要があります。多くが四年制または二年制の学校で、資格取得までに必要な期間が異なります。どちらも保育士として必要な知識を学び資格取得が可能ですが、学ぶ期間の長短でそれぞれメリットが挙げられます。